眼の神様、眼力社

眼力さんはその名のとおり、眼の神様です。

眼力さんの書 別注制作
眼力さんの向かいは服部さんの売店 心清まる眼力さんのお社 隷書の書

「目の神様」「眼病の神様」「目の手術」
あらゆる眼病に効く神社、ネット検索常に上位の眼力社。

眼力社ご神体

こちらは京都市伏見区にある、伏見稲荷大社。その裏山にある「眼力社」(がんりきしゃ)という神社です。Yahoo、Googleでダイレクトに検索するとこのページが常に上位表示されるため、初めての方にもわかりやすくご案内いたします。

この裏山は稲荷山と呼ばれ、本殿である伏見稲荷大社よりも歴史が古く1200年も昔から目の神様として祀られています。伏見稲荷の神様は自然信仰。眼力社のご神体は大きな石の神様です。眷属神(けんぞくしん)には白い狐様がおられます。その姿を見た人も、不思議な神秘体験をした人も、また実際に盲目から目が見えるようになった人もいらっしゃるそうです。

お山に登る盲目の人

ここに行くには観光地ガイドでよく見かける赤い鳥居をくぐりながら長い長い石段を登って行かなければなりません。片道約1.4キロ。けして楽なコースではありません。でもご家族の方が手を引いて盲目の方が登って行かれるのを何組か見かけます。

今までお会いした方にお話をうかがってみると、目の手術をする前に一度、途中経過を報告に一度、治ってからお礼参りに一度。と合計2~3回訪れていらっしゃいます。

見えない状態での参拝はかなり大変ですが、そうしてでも眼力さんに願掛けに行こう、山に登ろうという強い意志は、必ずと言っていいほど良い結果を招いているのだと思います。

新幹線なら京都駅からJRで2駅。他府県からでも伏見稲荷大社までは意外と近いです。そこからご家族の手を借り、ゆっくり登って約1時間ほどかかります。あなたも眼力社に願掛けに来てみませんか?


眼力さんには治眼を願う方々がお祈りに来られます。

杖を持って歩く人●写真はお借りしています。

白内障、緑内障、結膜炎、視力低下、角膜の病気、飛蚊症など。

症状の重い病気はまず専門医の検診をお受けください。その上で症状の軽減、回復、手術の成功をお祈りするときっと眼力さんは力を貸してくださいます。直に眼力社まで参拝に来れる方は良いのですが、どうしても無理な場合は、

1.自宅から京都伏見区の方角を確認し、そちらに向かって手を合わせ、眼力さん力をお貸しくださいとお祈りする。

2.伏見稲荷大社本殿(平地)まで参拝に来て祈願する。

それでもご利益はいただけるでしょう。 山に登れる方はぜひ直に現地の空気を肌で感じていただき、手水の下の開く岩を触ったり、きつねの宝珠をなでるなど体験いただければと思います。(けして無理はしないでください。ご家族と同意の上、ご参拝ください。)


アド街ック天国に出演した西村和彦さんのおはなし

眼力社ご神体

2017年10月にアド街ック天国で伏見稲荷周辺が放送されました。ご存知の方も多いと思いますが、眼力社に来るまでにある茶店の「仁志むら亭」は俳優 西村和彦さんのご実家。ご店主のお父さんも女将さんもお兄さんもお顔がそっくりです。

眼力社ご神体

その放送の際に西村さんが子供のころに「目が痛いと親に言ったら眼力さんに行け!と言われ、咳が出ると言えばおせきさん(おせき社)に行けと言われて、医者に行かせてくれよ~と思った」と言われていました。

眼力社ご神体●仁志むら亭さん

確かにそのくらい神様の力は強いのですが、現代ではまずお医者さんの医学的な診断をお勧めします。それに「手術が成功するように、経過が良くなるように」と神様の力を貸していただくというスタンスでお伺いを立てるのがよろしいかと思われます。

眼力社の女将さんも昔からよく言われていますが、この世の中はバランスが大切。物理的診断と神頼みは相反するものですが、両方そろって初めて効果を発揮するもの。どちらか片方だけでは難しいことがあります。


眼力さんに伝わる不思議なご利益

それは誰の身にも必ず起こることではないのかも知れません。でも強く想う気持ちが信じられないような奇跡を起こすことが、世の中には時おりあるのでしょう。眼力さんに伝わる不思議なお話を少しだけご紹介します。

不思議な手水のご利益 ~眼の病平癒にご利益 眼力さん~

長い間、目を患っていた方がおられました。近頃その症状は悪くなる一方で、道を歩くにも誰かの補助がないと他の人にぶつかってしまうくらいにまで悪化していました。

「手術できなくもないのですが、それで良くなる可能性はきわめて低いですね」

ずっと診てもらっている眼医者さんにもそう言われ、その方は為すすべを無くしてしまいました。

「あとはもう神だのみだけか…」

その方が人伝いに眼の神様、眼力さんのことを知ったのはちょうどその頃でした。今までに多くの方が眼の患いにありがたいご利益を頂いている。そんな眼力さんのご利益を知ったその方は、祈願成就まで何回でもお参りを続けよう。そう覚悟を決め、健常者でも登り降りにはそこそこ疲れる稲荷山の参道に挑みました。

幾度となく眼力さんへのお参りを続けていたある日、いつものように眼力さんのお社で手をあわせ“眼の病が少しでも回復しますように…”と眼の治癒祈願を終え、帰路につこうと振り返った時でした。お社の横にあるきつねの手水の台座の岩のほうがなんだか気になり、ふと目をやると、なんと台座が左右に開き始めたではありませんか。驚いたその方は“目の錯覚?もしくは幻想が見えるほど自分の目が悪くなってきたか?”と思いもう一度目をこらして見直すと、なんと今度はその開いた岩がゆっくりと閉じたそうです。びっくりして近くに寄ってみましたが、ひびも亀裂もありません、手水の台座はいつもと同じ。

「きっと自分の思い違いだろう。お稲荷さんだけに、きつねさまにばかされたかな?」

何が起こったのか全く分からないその方でしたが、そんなふうに思い、眼力さんをあとにしました。ところが驚くことにそのお参りのあと数日が経ったある日を境に、その方の視力が少しずつ良くなりはじめました。

「驚いた。でもこれが眼力さんのご利益かも…」

眼病平癒の不思議な手水

その方は天にも昇る気持ちでした。お医者様も手の尽くしようがなかったその方の眼が少し改善したのですから。そしてさらに驚くことに、その方の眼はそれから日に日に視力を取り戻し、もとの視力に戻るまでにそう長くはかかりませんでした。

もうとにかく、あきらめかけていた眼が良くなったことを喜んだその方は、あのとき眼力さんで見た不思議な光景がなにか関係あるに違いないと、眼力さんにお礼参りに行かれることにしました。

「まぁ、あなた様も見はったんですか?」

眼力さんでのその一部始終を守り役の服部さんに話したところ、服部さんはその方の眼が良くなったことにたいそう喜ばれましたが、狐の手水の台座の話にはたいして驚かれませんでした。

「“あなた様も…”ということは私以外にも見た人がおられるんですか?」

驚いたその方は、身を乗り出して服部さんに訪ねました。

「はい、今までも同じように手水の台座が開く光景を見た方は、目の病が驚くほど回復されるんですよ。不思議ですなぁ。」

その方は実際自分が体験したことにも驚きましたが、自分と同じものを見て目が良くなった人がほかにもいることにさらに驚きました。

「より多くの方に、この眼力さんの不思議なご利益が授けられるといいんですけどねぇ。」

服部さんは、ご利益が授かると言っても神頼みだけしていても駄目だし、病院の治療だけをしていても駄目なときがある、要はバランスなんですよ。とおっしゃいます。

きつねの手水の台座のことは誰にも説明がつかない不思議なことですが、あの急な稲荷山道を何度も登らせたほど“眼を治したい”というその方の強い意志があったからこそ見事、祈願が成就したということは確かなことです。そしてその強い気持ちを持つことができるようになったことこそが、眼力さんの不思議なご利益なのでしょう。

本文を音声でお聞き頂けます

オダイ、砂澤たまゑの奇跡

砂澤たまゑのイラスト

稲荷山の眼力さんを語るとき、切っても切れない人物がいます。それが砂澤たまゑさん。オダイとは関西で霊能者を指します。2009年9月に87歳で亡くなるまで、稲荷信仰の霊能者として多くの講員を連れ、お山に登っておられました。女将の服部さんはこの方とは知り合いだったそうです。

砂澤さんは稲荷山の数ある祠の中でも眼力社には毎回立ち寄り、長い時間座って祝詞を上げておられたそうです。また眼力社前の服部さんのお宅の二階に宿泊しながら、御膳谷で滝行も行っておられました。この方の起こした奇跡は数多いのですが、眼力社で起こした奇跡は聞いた人みんなが驚きます。

なんと、目の見えなかった女性を山のふもとから連れて上がり、眼力さんに拝んで目が見えるようにしたというのです。詳しくは下の本に紹介されています。文中には眼力社の名前も複数個所出てきます。

砂澤たまゑのことを書いた本

眼力さんの書は眼病の魔を払う? 

眼力さんの書をご購入された目医者さんのはなしです。目の病にご利益のある神様と聞いて眼科の開業医をされているドクターが参拝に訪れた際、「眼力」の額縁を購入されました。目を患い自分の元に治療に来る患者さんたちにご利益があるようにと診察室にそれを飾ってみたところ、ぱたっと来院する患者がいなくなりました。開院以来こんなことは一度もなかったのに一体どういうことだろうとドクターが考えてみたところ、変わったことと言えば眼力さんから買ってきた額縁を飾ったことしか思い当たりません。

眼病の魔を払う眼力さんの書

試しにその額縁を自宅に持ち帰ってみると、なんと翌日からまた患者さんが以前のように戻ってきました。

眼力さんのご利益は眼病自体の魔を払ってくださるのかも?不思議なこともあるもんだなぁと思ったそうです。


本文を音声でお聞き頂けます

お礼参りに来られた参拝者の方

眼力さんをお参りする参拝者

2018年3月中旬、眼の願掛けをした方がお礼参りに来られていました。片道1.4キロの石段をご家族が手を引いて登って来られたそうです。どのくらい大変なことだっただろうと想像するとその方の熱意が伝わって来ました。

お話をうかがうと、手術前に一度願掛けに訪れ、現在無事回復に向かっているとのことでした。もう一組、来月白内障の手術をするので祈願に来ましたという親子さんもお会いしました。眼力さんには毎日のように目の病を患った方が願掛けかお礼参りに訪れています。

(三月の月参りのページより抜粋)

自信をつけて何でもできるようになった人の話

眼力さんをお参りする参拝者

私の知人は全盲なのですが、このサイトで眼力社を知り今も家族の手を借りて年に何度か参拝に行っているようです。 彼は病気で30代後半から目が見えなくなったのですが、そこからほぼ十年間病院と自宅の行ったり来たり。最後の方は全く外に出なくなり、世間を嫌い、家族にあたり散らして引きこもっていました。

ある時あまりに生きていくのが苦しくなり、(ほかの神様は術前に頼んでも聞いてくれなかったけど)改めて神頼みでもするかと思い、その時初めて眼力社を知ったそうです。

それから3年眼力さんまでの厳しい道のりを登ったり下ったりしていくうちに、家でしなかった家事手伝いも、掃除も、最近では日曜大工までできるようになりました。

本人が言うにはあのきつい階段の続く稲荷山を登れる自信が今の自信につながったと言います。これからも家族の手伝いとともにほかの目の見えない人たちの手伝いになるような仕事に復帰しようと考えているそうです。

お便りをいただきました。

眼力さんのみどころ情報