眼力社さんの不思議な力

目の見えなかった人が見えるようになった、傾きかけた会社が順調に行きだしたなど不思議な話がたくさんあります。

眼力社さんの不思議な力
鳥居の石版 眼力社お祀り お供え鳥居

眼力社さんの不思議な力

「眼の病が良くなる」「先見の明・眼力が授かる」というご利益があると古くから伝わる眼力社さんのもとにはご商売人、企業経営者、相場関係者、そして入進学を控えた学生さんにいたるまで、全国から多くの方々がお詣りに訪れます。

手水

眼力社さんの不思議なご利益を授かっている方々は、実際に私が見聞した中にも多くおられます。たとえば、45年間、毎月欠かさず眼力社さんを訪れ、ローソクやお供え物をし、祝詞(のりと)をあげる会社社長(現在は会長)は、初代で会社を興し大きな成功を収められました。また、相場関連の本を多く執筆し、50年もの間その世界を生きてきたプロの投資家 鏑木 繁先生も、眼力社さんへお詣りしてから「不思議なほど順調だ」と利を伸ばし、そのお礼にと大きな鳥居を参道に奉納されています。(鏑木先生の鳥居>>>

このように多くの経営者や投資家の方々が、眼力社さんに不思議な力をいただいています。稲荷山に奉納された一万基ともいわれる膨大な数の鳥居は、祈願成就に感謝する気持ちを表す習わしでもあり、その数の多さに、「不思議な力」は本当にあるということを感じさせられます。

本文を音声でお聞き頂けます

目の病気が治りました。

目の手術に成功しました

眼力さんにお参りに来る一番多い参拝者は目の病を治したい人です。このサイトはYahoo、Googleどちらで検索しても1ページ目に出てくるため日本中の目を治したい人、手術を控えている人が閲覧してくれています。以前は関西圏だけでしたが、今では東北、九州からもホームページを見てわざわざ来てくださる人が増えました。お会いした方々の多くが手術が成功した、検査結果が良くなった、回復したと言います。

かつて、オダイ(霊能者)砂澤たまゑさんがふもとからおんぶして眼力さんに連れてきた全盲の人の目が見えるようになったという奇跡を筆頭に、今でも多くの目の悪い人の治癒、手術、医師との出会いに眼力さんは力を貸してくれています。

婦人科の病気が治りました

私KATOの場合は目ではありませんが、眼力社に通い始めたとき家内の卵巣に腫瘍があり手術が必要かもという状態でした。しかし月参りをし始め半年ほど経ったときにそれが消えているという奇跡が起きていました。

またある会社の社長に病気が見つかり、もうここまでかと思われたことがありました。その間に起きたのは息子さんたちが力を合わせ社長不在の会社を復興させ守ったということでした。今では社長は回復し、跡継ぎの長男さんの実力も社員の認めるところとなりました。

新商品を開発しヒットしました。

長時間かかる人は必ず隅っこで▲長時間拝む人は、必ず
隅の方で拝みましょう。
端でも神様はちゃんと
聞いてくれます。

目利きができるようになるというのも眼力社の知る人ぞ知るご利益。ある会社経営者さんは眼力さんに参拝するときは新商品の企画書、設計図を必ず持参します。他の参拝者の邪魔にならないように拝殿の隅っこの方にそっと立ち祈りを捧げること約20分。毎回人に話すように神様にお願いするのだそうです。その後、その商品は1.爆発的ヒットを記録するようになるか、2.じわじわ時間をかけて人気のロングセラー商品になるか、3.ライバル社の製品が製造をやめて質の良いこの会社の製品が独占販売できるようになるそうです。

必ず企画書と設計図を持参します

ちなみにこういう方にまぐれ当たりはありませんので、このような恩恵を賜った場合はその後も製品の信用を落とさないように努め、より誠実な製品づくりと会社運営に励むようになるそうです。

多くを得られる者は多くの責任を負うのが宿命です。それでも努め上げられるようになります。

人生の軌道修正が出来ました。

ゲームばかりして過ごす孤独な人生

事業を失敗した方、また人生でアルバイトしか経験したことのない人。引きこもりの息子さんを持つ親御さん、学校でいじめに遭っているお子さんなど、うまくいかない時期を経験している人はどんな時も必ずいます。しかし本人が眼力社に月参りを始めたり、家族が願掛けして無事軌道修正できたお話を私KATOはたくさん聞いて来ました。

外に出て前に進もう

よく誤解されるのですが、神様は参拝者の願い事をそのまま叶えてくれるということはあまりありません。叶うきっかけが訪れるように仕向けてくれるのです。

純粋な人はそれが訪れたときに疑うことなく行動を起こします。その結果、ずれていた軌道が修正され良い方向へと向かいます。人生はバランス良くできていて悪い時期を経験したら良い時期が必ず来ます。そのチャンスが巡ってきたときに行動を起こす素直さは予め持っておきたいものです。

事業がうまく行ったり、人の輪が広がる理由

神社の持つエネルギーは人類の幸せ

神社への参拝を始めるとほとんどの人が自分のことだけでなく、社会の役に立ちたいと思うようになります。例えばある会社員の男性が最初は自分の売り上げを上げることを目的に願掛けに来ていました。そのうち業績が認められ会社で出世し、最終的には地域社会で役に立つ人材になりたいと起業を願うようになりました。目を向ける対象がどんどん広く大きくなっていったのです。

これは神社と人間の両方が担っている「持って生まれた使命」です。神社は個人の幸せよりも人類の幸せを望むエネルギーを発しています。そのエネルギーを浴び続けた結果、この男性はその使命を思い出し成功しました。皆さんも一回、二回のお参りよりも月一回の月参りをお勧めします。

ご利益あるおみやげ
眼力さん最新情報