眼力社の初詣混雑回避情報

関西で誰もが行きたい初詣スポット伏見稲荷。元旦の眼力社への参拝混雑を回避するための情報。

眼力社の初詣 混雑を避けたいなら
夜のおみくじ授与所 色とりどりの縁起物 混雑し始めた駅前

元日の人出

眼力さんの初詣

2019年元旦の楼門●元旦午前5時ごろの楼門

毎年多くの人で賑わう眼力さんの初詣。なかでも元旦は夜通し参拝客でごったがえします。比較的人が減るのは年が明けた初日の出の頃「明け方初詣」ですが、近年はその時間帯でさえ人が途切れることがないほどの人出です。

写真は午前五時台の伏見稲荷本殿楼門になりますが、参拝客が尽きることはなく、境内は常にお子さんが楽しそうにはしゃぐ声が響いていました。稲荷山参道も同じく、すれ違う人でいっぱいです。

三徳亭前の参道

人が多いおかげで暗い参道も怖いと思うことはなく安心して歩けますが、明け方参りの場合は懐中電灯を持っておいた方が良さそうです。スマホのライトを使うこともできますが思いのほか電池を消費してしまうため、懐中電灯をお勧めします。

お店の中のお客さんと話す服部さん

眼力社に到着すると服部さんが元気に出迎えてくれました。眼力さんはやはり5時~7時台は人が少ない方ですが、昨年の情報をこのホームページで見て来てくれた人々がたくさんいらっしゃり、8時を迎えるころにはお店前が満員になりました。1月2日以降は午前7時から9時までを目処にお参りすることをお勧めします。

本殿のお札授与所

お正月期間中は綺麗な正月飾りが出迎えてくれますよ。いつも干支が足りなかったり、好みの色が足りない携帯ストラップもこの時期は全面埋まっています。一月中は縁起物の品切れがないように服部さんがたくさん商品を仕入れています。新しい縁起物を購入するなら一年の始まりに買っておくと良いですね。

千本鳥居の明かり

お山から下りてくると時刻はもう9時。朝からのお参りの人々がどっと押し寄せます。ファミリー、大学生のグループ、会社組織など団体さんも訪れます。こうなるとお賽銭を入れるのにも列に並び、飲食店に入っても相席。駅も車も人で混み合います。賑やかなのが好きな人は良いのですが、静かにお参りしたい方は元旦午前5時~7時までをお勧めします。1月2日以降は7時~9時までに眼力さんに到着するようお詣りするのがお勧めです。

眼力さんのみどころ情報