眼力社の話~眼力社さんとは?~

眼力さんは京都伏見稲荷山の知る人ぞ知る神様で、眼の病と先見の明、商売と相場に御利益があると伝わります。

眼力社さんとはどのような神様?
眼力社お祀り お供え鳥居鳥居の石版

眼力社さんとは?

日本を代表する観光地のひとつ京都は1200年の歴史ある古都で、街中には世界的に重要な文化遺産を数多く残しています。そのひとつ伏見稲荷大社は全国の稲荷神社の総本宮で、商売の神様として有名です。初詣の参拝者数も関西で例年1、2位と人気が高く、平日でも多くの観光客が訪れます。

眼力社さんは、その伏見稲荷大社創始として今なお人々の崇敬をあつめる霊地、稲荷山に祀られている神さまで、古くから「眼の病が良くなる」「先見の明・眼力が授かる」という御利益があるといわれています。そんな眼力社さんのもとには多くの御商売人、企業経営者、相場関係者らが全国からお詣りに訪れます。

眼力社正面

眼力社さんにお詣りすると、まるで禅をしたように気持ちが鎮まり、身体中の毒気が抜けたかのような清々しい気持ちになれることは、誰にでもすぐに感じることができる御利益です。一歩いっぽ眼力社さんまでの道を踏みしめていると徐々に日常の煩わしさが薄れていき、お詣りを済ませる頃には、生まれたての子供のように純粋無垢で汚れのない心に立ち返っていることに気づくでしょう。すると翌日からまた前向きな姿勢で日常生活を送ることができるようになります。「それは森林浴の効果」と考える方でも、一度お詣りしてみれば、他にも不思議な良いことがあるかも知れません。

本文を音声でお聞き頂けます
ご利益あるおみやげ

商売や経営・投資に不思議なご利益

眼力さん最新情報