曇りの日、風が強い日を選んで登る、八月の眼力さん

女将さんと話したり、お土産をゆっくり選ぶなら夏がお勧め。8月の眼力社月参り情報。

眼力社の8月の月参り
眼力さんだけのお土産もの 人の少ない参道 涼しげな木立

夏は手水の湧き水が一服の清涼剤。お土産物をじっくり選ぶなら真夏の参拝がおすすめ。

標高の高さのおかげで気温は低め。ようこそ、夏の眼力社。

西村亭横の参道●2018年8月中旬 午前10時ごろの眼力さん近くの参道

神社と言えばやはりお正月と二月など、初春に行くイメージが強いですね。そのせいか夏場は訪れる人がぐんと減ります。と、言ってもここ伏見稲荷は外国人が選ぶ日本の観光地、第一位を2014年以来4年連続で獲得し続けているため、昼間になるとそれなりに人出があります。

おすすめは午前中のしかも曇りの日。人のいない拝殿を独り占めしてお参りできるのは他の季節にはない醍醐味です。ゆっくりと滞在するのが目的なら真夏の参拝が狙い目です。

真夏の眼力社お土産売り場

眼力さんのお土産販売所もお客さんはがらがら。八月はお土産を選びたい人、女将さんと話したい人、ゆっくりお参りしたい人が行く季節です。ただし節度を守ってご滞在ください。

酷暑が続くここ数年の日本の夏

眼力社は湿地にあります

ご存じの通り、最近の夏は連続晴天が続き日によっては40度超えになるなど、外に出るのが危険と感じられることがあります。そういう日を除いて、例えば曇天の日や台風後の風のある日が夏登山には最適。

制汗ウェットティッシュを持参してください

ただし池の周辺や日陰には蚊が多いのでご用心。虫除けスプレーを吹き付け、アルコールの染みたウェットティッシュ、ボディシートを持参し途中で体をこまめに拭いておけば蚊が寄ってきません。小さなことですがこうしておけば下山まで快適に過ごせます。ゴミ袋として小さなコンビニ袋を持参してください。

眼力さんに到着しました

眼力さん拝殿

この日は昼頃に到着しましたが、拝殿を独り占めできました。お参りするときの手順ですが、まず手水で手を清めたら服部さんからお供え物かろうそくを買い、拝殿に行き火を灯します。

お賽銭は静かに投入します。人によると大きな音を立てて投げ入れている人を見かけますがあれは間違いだそうです。もしあなたが神様だったら、「ほらよ!」と投げられたお布施に気持ちを感じますか?それと同じです。鈴の緒を両手で持って鈴を鳴らし、二礼二拍。

手を合わせ祈る

手を合わせまずご自分の名前と住所を告げます。そして一番最初に日頃健康に生活していることや仕事があることに感謝の気持ちを述べます。先に頼み事をする人がいますがあれも間違い。まずは今「生かしてもらっていること」に感謝なのです。

追い風と向かい風

本社拝殿で拝むサッカーチームの青年

神社でお参りをしているとたまに背中から風が吹いてくることがあります。あれは神様にあなたの願いが届きましたよというサインだそう。反対に神殿から風が吹いたときはあなたの言うことを聞いていますよということだそうです。眼力さんの拝殿は不思議と静寂に包まれていて暑い日でも穏やかな風が吹いているように感じます。

不思議な経験

混み始めた本殿境内

実は私は一番最初にお参りしたとき、眼力さんの洗礼を受けました。その頃はあまり神様を信じていなかったこともあり、何となく手を合わせてしまいました。心の中では(長い道のりだったな~。遠かったけどやっと着いたよ。帰り道またしんどいなぁ~)そんな不満をぶつくさと心の中でつぶやいていました。

叱られる猫

そしたらいきなり合わせた手の両肘をぐっと誰かに真ん中に押し込まれたのです。まるで(これ、ちゃんとしなさい!)と母親に叱られているような感じでした。びっくりしましたがこのことを誰に話すこともなく、あ、これは忠告を受けているとすぐに気付き、次からは失礼のないようにしました。

眼力さんのみどころ情報