コロナ禍での遠方からのお礼詣りの仕方

先に縁起物だけ通信購入し、コロナ禍でお詣りにまだ行けていない人のための遠方からのお詣りの仕方。

お礼詣りは忘れずに
雨傘を差す神主さん 眼力さんのろうそくの炎 手水のきつねさん

遠方に住む人のお礼詣りの仕方

祈願成就した人はぜひ現地まで出向き、お礼詣りに行きましょう。またコロナ禍でお守りや縁起物だけ先に通信購入し、まだお礼詣りに行けていない人は自宅にいながらお詣りできますのでその方法をお知らせします。

お守りを取り寄せ願いが叶った方のメール

以前主人の白内障手術祈願で眼力玉や豆書を郵送購入しました。御礼参りに行きたいのですが、コロナの件で勤務先が県外への往来禁止の処置を取っています。 眼力さんへ行くまでに、感染拡大地域を通らなければならず、もし行った事がきっかけでコロナになってしまったらと思うと、なかなかお詣りが出来ません。

遠方で眼力さんの御守やグッズ等購入後、願いが叶い、その後の御礼参り等皆さんどうされているのかが知りたくて、今回書かせていただきました。 ご返答いただければ幸いです。よろしくおねがいします。

一度もお詣りに来たことがない人のお詣りの仕方

ろうそくの火がともる眼力社の拝殿

毎月一日(おついたち)などお好きな日を選び、ご自宅から京都伏見稲荷の方角に向かって手を合わせます。毎月同じ日に行うのが重要です。家に神棚がある人は「神様への感謝」としてまとめて眼力さんへのお礼をしても構いません。

「眼力さんいつもお守りいただき有難うございます。お蔭様であれから何事もなく無事に過ごせております。これからも私たち家族をお守りください」というような内容を心の中で唱えます。

【ご注意】月に一回、同じ日、同じ時間帯に行うのが重要です。用事などで無理な場合は翌日にしても構いません。

ぜひ一度はお詣りに行きましょう

緑がきれいな伏見稲荷の参道

遠方にお住まいの場合は月詣りは必須ではありません。毎月決めた一日か、毎朝手を合わせる習慣のある人は毎朝お礼を唱えるだけで充分です。

ただ実際に感謝の気持ちを伝えるには現地に行った方が良いので、願いが叶ったら一度はお礼詣りに眼力社を訪れることをお勧めします。その方が眷属さんがついてきてくださりさらにご守護が強くなります。

【霊視】私の家族の視える者が車の後部座席に眷属さんが同乗しているのを視たことがあります。車の運転の安全から家の中のことまで、ちゃんとついてきて見守ってくださいます。

購入した縁起物の有効期間

納札所の看板

お守りや縁起物の有効期間(お守りしてくださる期間)は基本一年間とお考え下さい。放ったらかしにすると効き目がないだけでなく悪いものが入って邪魔をすることがあるので処分することをお勧めします。

近所の神社の納札所で構いませんのでそちらにお賽銭を入れてお返しください。伏見稲荷大社の納札所に持って行く必要はありません。眼力玉、干支玉はお庭に埋めます。

【ご注意】納札所へのお賽銭は500円から1000円くらいを目安にします。返す時の方がお礼分が入るので金額が大きくなります。

お礼を欠かすと稲荷系は怖いと言われる理由

昔から願掛けにはお礼詣りが必要と言われます。特に稲荷系は祟りがあるので怖いと言いますがそれには理由があります。



眼力さん拝殿
本当の罰(ばち)、難しい心願が本当に叶った場合

難しい願いごとが叶った背景には多くの眷属さんと神様が力を貸してくださった可能性があります。人間がもともと背負っていた業(ごう)を特別に取り下げて「無し」にしてもらうため更に上の位の神様に交渉してくれたのです。

特に稲荷系は願いが叶うのが早いため、迅速な仕事をしてくださっています。職業でいえば弁護士になるので人間界では高額な報酬を払わなければなりません。その代わりに神様の世界では、交通費を出して神社まで行き、お賽銭を入れ感謝の気持ちを伝える必要があるのです。

このお礼をしなかったら神様でなくとも怒りますよね。礼を尽くさなかった者にはせっかく叶えた願いを取り上げ、もとに戻してしまう特徴があるのです。



怖い顔の狐の手水
心理的に働く祟り、「怠り」からくる自滅

私を含め、誰でも自分の人生が思うように行かなかったのは小さな決めごとを守って来なかったのが理由の一つです。「お礼詣りに行きます、そのうち行きます、また行くわ、いつ行こうかな…もういいか……」と先延ばしにし自分との約束を破ってきた(裏切った)せいで怠惰が染みついてしまい、思わぬ不幸を呼び込んでしまうことがあります。それを自堕落な人は「祟られた」と責任転嫁してしまいがちです。

特に稲荷系は眷属さんが狐で目がつり上がり怖い顔をしているためそう言われやすいのです。決めたことは早急にやる。特に神様に関することは優先してやることが大切です。本当に怖いのは堕落することなのですから。

自分のことを優先してくれる人間を神様は祟ったりしません。

もう参拝しないならきちんとお別れの言葉を

眼力社の手水と拝殿

眼力さんを含め、お稲荷さんに一度願掛けしたら、一生お詣りに来なければならないということはありません。

最後になるときは必ず神社に出向き「住まいが遠方のためもうこちらに参拝に来ることはできませんが、これまでに助けていただいたご恩は一生忘れません」と挨拶すれば問題ありません。

神様へのご挨拶は人に対する態度と同じです。きちんとした態度でお別れをすれば何の祟りも起こらないので安心してください。

【ご注意】さんざん願掛けし頼み事ばかりしたのに叶ったら恩を忘れて捨て去るのが一番してはいけないことです。刻石流水(こくせきりゅうすい)。受けた恩義はどんな小さくても心の石に刻み、施したことは水に流すことが大切です。

このpageをSNSでシェアする

眼力さんの夢実現眼力ノート 眼力さんの夢実現眼力ノート 眼力さんの夢実現眼力ノート 眼力さんの夢実現眼力ノート 眼力さんの夢実現眼力ノート 眼力さんの夢実現眼力ノート
[お問い合わせ]
〒612-0804 京都市伏見区稲荷山官有地19 眼力大社前 TEL(075)641-6051 (服部)
遠方の方は、眼力さんのお土産は郵送していただくこともできます
眼力さんのみどころ情報