眼力さんの豆書

書かれている言葉が自然に身につく眼力さんの書。なかでも持ち歩ける大きさの眼力さんのまめ書が人気

眼力さんの豆書
豆書・願力 豆書・謙虚と感謝 豆書・笑門

大切にしたい言葉、身につけたい格言の小さな書

生きていくうえで大切にしたい言葉を、今では少なくなった正統な書き手による威風堂々とした隷書の文字で記す“眼力さんの書”は、多くの参拝者の間で人気です。

財布に入れられる眼力さんの豆書

眼力さんの書は家でも会社でも、とにかくいつも見える場所に貼っておいて、夜となく昼となく眼にすることで書かれている言葉が自然に叶い身につくのだと、一人で何枚も求められていく方も少なくはありません。なかには「ひとときも欠かさず持っていたい」と、眼力さんの書を小さく折りたたんで財布に入れているという方もおられるほどです。そんなことから、いつでも持ち歩ける大きさの眼力さんの書、“豆書”ができました。

ちょうど財布や定期券入れなどに入れることができる大きさの眼力さんの豆書。いつも財布を開けるたび、パスケースを出すたび、書かれている言葉が眼を通して身体に染みいり、やがてその言葉のとおりのことが叶い身につき、自分のものとなっていくことでしょう。

「いつでもそばに眼力さんが居られる感じがする…」

そう思うのは眼力さんの豆書の裏に地紋のように書かれた般若心経があるからかも知れません。でもたとえ一日の間で書の言葉を眼にする機会が少なくても、肌身離さず持っているだけで、ほんの少しだけど、今までに無かった自信や勇気のようなものを持てるようになる…。眼力さんの豆書はそんな不思議なお札です。

  • 200円/1枚
眼力さんの豆書は種類も豊富

豆書  ご利やく指南表

豆書・眼力

眼力(がんりき)

眼力とは見抜く力。ものごとの本質を見抜く力をつければ視野が広がり、活躍する世界が広がります。眼病回復祈願にも。

京都ではここでしか買えない、眼力さんの豆書いろんな願いを祈願いろんな願いを祈願したい方に最適

豆書の中ではダントツの人気を誇る“眼力”。鳥居と同じ朱色のベタ地色を白抜きにした印象の強い一枚です。隷書の書体もバランスが良く、その「はね、止め、はらい」からは大胆な男文字ながらも繊細な力加減が感じられます。この“眼力”は眼力社さんの名と同じ文字を書いているという理由から全種類の中では自分の中の潜在的な力を高めたいという方、または悪いものを遠避けたいと言う方が多く買われています。全ての願い事の根底につながることもあるので、眼力さんをお詣りしたらまずお買い上げを欠かしたくない文字です。


まめ書「眼力」を購入された参拝者のコメント

半年に一度買い替えています。

半年に一度買い替えて感謝しております

私の場合、ほぼ毎日触ります。ここ一番の助けがほしい時にはさすったり、両手で塞いでみたりいろいろとします。端が折れてくるので半年経つとボロボロになります。そのころには感謝を込めて古いのと入れ替えに新しいのをいただきに参ります。いつも助けていただき感謝しております。
●滋賀県 Fさん(50代)


ほぼ一目ぼれで購入しました。

半年に一度まめ書を買い替えて感謝しております

観光で訪れたときに、赤い紙にただならぬ神力?を感じ、ほぼ一目ぼれで購入しました。ずっと愛用していますが、一度も悪いことが起きていません。守られているような気がします。
●山口県 Aさん(30代)


豆書を通じて「ありがとう」を念じています。

豆書を通じて念じています。

朱色の力強さに吸い込まれるように引き寄せられ買いました。メジカラさん?とかはじめは名前すらまともに知らずに失礼しました。眼力さんは私の神様です。頻繁に足は運べませんが豆書を通じて「ありがとう」を念じています。
●埼玉県 Hさん(40代)


信じる者は救われるというのは本当ですね。

豆書を信じる者は救われるというのは本当ですね。

これを買ってからケガ・病気・事故というたぐいのものは一切なくなりました。偶然に見えますが、そうじゃないことは持っている者が実は一番知っていて…。守られている気がしています。
●香川県 Sさん(50代)


いつも仕事を見守ってくださる眼力さまに心より感謝します。

いつも仕事を見守ってくださる眼力さまに心より感謝します。

自営業をしています。知り合いに勧められ一人で車で伏見稲荷に向かいました。眼力さんは特別だからと聞いてはいましたが、行ってみてその意味がよ~くわかりました。額入りの謙虚と感謝から金だわら、座布団、キーホルダー、ステッカーすべて購入し、ほぼ「マニア」です。特に豆書の眼力は持ち歩けるので一番のお気に入りです。自分自身が心を開ける場所であり、いつも仕事を見守ってくださる眼力さまに心より感謝します。有難うございます。
●徳島県 Cさん(40代)


父に勧められもう10年ほど通っています。

父に勧められもう10年ほど通っています。

特に人に喋ったことはないのですが、眼力さんは力が他とは違うと思います。自分はあまり物を買ったりはしない方なのですが、小さくて持ち歩けるので愛用しています。
●兵庫県 Kさん(50代)


力強い何かに守られている気がしています。

力強い何かに守られている気がしています。

友達が京都にいるので遊びに行ったときに買いました。友達は「視える人」なのですが、眼力社はスゴイと言っていました。私には見えませんが、この豆書を買ってからは力強い何かに守られている気がしています。
●東京都 Iさん(20代)


豆書・謙虚と感謝

謙虚と感謝(けんきょとかんしゃ)

常に謙虚に振る舞い、感謝を忘れない人は他者の協力を得られ、助けが入り、神さまから愛される人です。

京都のおみやげ豆書商売繁盛と人付き合い商売繁盛と人付き合いを良好にした方に最適

いつの間にか眼力社の代名詞になった“謙虚と感謝”。画数の多い文字なのにしっかりとした書体でしかも堂々と書かれた文字は多くの参拝者を魅了しています。昔は思想やモラルは教えられ、しつけられて覚えるものでしたが、現代ではこういうことを教えてくれる親や師匠は少なくなりました。社会人として、人として日常生活を送るには、常に自分を律し、志を高く持つことを忘れてはいけません。そうすることで人間関係を円滑にし、賢く崇高に生きることができます。“謙虚と感謝”は戒めの言葉として今も毎日、多くのご参拝者のお買い求めが絶えません。


まめ書「謙虚と感謝」を購入された参拝者のコメント

眼力さまは優しく忠告してくださる

眼力さまは優しく忠告してくださる

良い言葉なので買いました。人に注意されると聞けませんが、眼力さまは優しく忠告してくださるので素直に聞くことができる気がします。傲慢な気持ちになりそうなときは財布を開けては(あぁ…あかんあかん)と謙虚さを取り戻しています。
●滋賀県 Fさん(30代)


外国人の友達に買ってあげました。

外国人の友達に買ってあげました。

外国人の友達に買ってあげました。字画が多いのでカッコイイ!とすごく気に入ってくれました。そんなことより書いてある中身を理解してよ!と裏を見せると、意味をちゃんと分かったようで理解してくれました。
●大阪府 Sさん(20代)


こじんまりした豆書は良いですね。

こじんまりした豆書は良いですね。

ネットで気になっていた眼力さん。ずっと知り合いとどっちが先に足を運ぶか競争していたのですが、私の方が一足早く登ってきました。で、気になっていた謙虚と感謝を購入。額縁も買いましたが、やっぱりこじんまりした豆書は良いですね。会社のデスクに立てかけていつも電話に出るときや嫌いな上司と喋るときに心を立て直しさせてもらっています。 良い言葉とはしょっちゅう目にすることが肝心だと痛感しています。
●愛媛県 Yさん(40代)


相当力の強い神様だと感じています。

相当力の強い神様だと感じています。

ホームページを偶然見つけてから通うようになった者です。あまり人には話しませんが、相当力の強い神様だと感じています。中でも謙虚と感謝という言葉は今の私たちには絶対不可欠な言葉で、忘れてはいけないものだと思います。素晴らしいです。
●福井県 Iさん(50代)


引きこもり生活が長かった息子の土産に

引きこもり生活が長かった息子の土産に

引きこもり生活が長かった息子に土産に買って帰りました。高校もちゃんと通えなかったのにこの一枚の言葉を通して会話してくれるようになり、今年から定時制に行くようになりました。ただただ感謝しています。
●岡山県 Tさん(60代)


職場が明るくなった気がします。

職場が明るくなった気がします。

会社の人からお土産でもらいました。もらってから謙虚や感謝について考えるようになり、考えるようになってから、実行するようになりました。職場が明るくなった気がします。
●姫路市 Kさん(50代)


言葉だけではなく感謝の気持ちを

言葉だけではなく感謝の気持ちを

今まで自分はどれだけ周りの人に感謝してこなかったのだろうと思います。言葉だけではなく、感謝の気持ちをこれからは返していこうという気持ちになりますね。
●徳島県 Hさん(40代)


豆書・健康

健康(けんこう)

お金、地位、名誉、美貌。どれかが欲しくても健康でないとそれらを得るのは難しいもの。健康だからこそ毎日働け、笑い、生活できるのです。しかし、悲しいことに私たちは病気をしたときにしかその有り難みに気づきません。日々健康に感謝し、自分の体をねぎらうことも私たちは忘れてはいけません。眼力さんは目の神様ですので眼病回復祈願にもお持ちください。

古都京都で健康祈願 眼の病の改善と豊かな老後 眼の病の改善と豊かな老後をのぞむ方に最適

ほかのデザインよりも文字を大きめにレイアウトした“健康”。それはあなたに何度も何度も強く願って念じてほしいから。健康は食べ物、体づくりのように毎日の蓄積で出来上がるもの。そのため毎日眺めることが最も必要な言葉かもしれません。文字と裏面には目の悪い方、疲れやすい方にとって目にやさしいグリーンを採用し、癒しの効果も持たせました。また健康は誰にとっても必要なものであり、誰もが望むもの。現在病気を患っていて回復祈願をされる方、また現在の健康状態を維持したい方、万人に愛される言葉です。ご自身だけでなく受験を控えたお子さん、ご家族への祈願として購入される方も多くなっています。


まめ書「健康」を購入された参拝者のコメント

体調も良くなり悩み事も気にならなくなりました。

体調も良くなり悩み事も気にならなくなりました。

私は親の代から眼力さんを信仰しています。祖母も目の病気で助けてもらい、父も母も稼業で借金苦難の時に、大きな(信じられない)お力添えをいただきました。そんなご縁から、季節に一回は足を運ぶようにしています。豆書は好きで眼力(初版豆書)から一枚づつ集めていたのですが、ここのところ体調が思わしくなかったため、健康を買ってみることにしました。定期入れに入れて毎日バスに乗っている間眺めていると、健やか、という文字が心地よく心に入ってきました。見ていると健康で活き活きと仕事をしている自分のイメージが湧いてくるので職場に着いても気持ち良く仕事できます。おかげで体調も良くなり、悩み事も気にならなくなりました。上手くいかないときでもこの字を眺めていると大丈夫な気がします。
●奈良市 Oさん(30代)


キレイな文字体に惹かれて買いました。

キレイな文字体に惹かれて買いました。

字が下手なのでキレイな文字体に惹かれて買いました。バランスが良く、見ていると上手だなぁ~とほれぼれします。今年は書道でも初めてみようかと思います。
●広島県 Aさん(30代)


信仰心を持つきっかけになればと思っています。

信仰心を持つきっかけになればと思っています。

子供の視力が悪いので2枚購入しそれぞれに1枚づつあげました。机の引き出しの中に入れて、引き出しては拝んでいる姿をこっそり見てしまいました。子供でも効力が分かるんですね。^^;まだ効果がどうとかはわかりませんが、信仰心を持つきっかけになればと思っています。
●東京都 E様(40代)


豆書・氣

(き)

氣は気の旧字体で意味は同じですが字の持つエネルギーが違うと言われています。「米」は字体から解るようにエネルギーが四方八方に発散される様子を表します。そのため締めを意味する「メ」よりも「米」の氣の字の方が波動が高いとも言われます。また伏見稲荷は五穀豊穣を願う神様のため稲穂にゆかりの深い神様。お米は日本人の主食であり力の源でもあります。氣の字を持っていると日々、力強く過ごせるかもしれません。

不思議なチカラ、氣 受験や出世、明るい未来を祈願 受験や出世、明るい未来を祈願したい方に最適

稔るほどこうべを垂れる稲穂かなということわざを彷彿とさせる稲穂のイラストと眼力隷書が一体になったデザイン。男性的で力強い“氣”の字体と、たわわに稔った稲穂の女性的なフォルムが相反した陰陽表現が絶妙です。また緑の葉と茎が徐々に黄色からオレンジに変化して行く姿も物事が成就する成長過程を表現していて非常に縁起が良いです。稲穂の先が静かに跳ね上がっている細やかな表現も入学後、出世後の安泰も先導してくれているようで期待感を持たせます。受験の合格、会社での出世を勝ち抜くためには氣を高めて高い精神力を保つことが必要。ぜひここ一番のエネルギー補給にお持ちください。


まめ書「氣」を購入された参拝者のコメント

パワーを感じる字面にピンと来たので購入。

パワーを感じる字面にピンと来たので購入。

財布に入れて寝かすこと48時間。
家内が無くしものが出てきたと言い出し、
息子は昇格したとメール連絡。
偶然か。でもなぜ私には起こらない??
まぁいいとしよう。^^
●大阪府 Mさん(60代)


自分だけでなく人にも優しくなれそうです。

自分だけでなく人にも優しくなれそうです。

氣の字が印刷されたパワーストーンを以前持っていて良いことがあったので、お山で(また見つけた!)と思い購入しました。200円という有難いお値段に申し訳ない気もしますが持っていると確かに気持ちが上がります。自分だけでなく人にも優しくなれそうです。
●神奈川県 Fさん(40代)


穏やかな気持ちに満たされています。

穏やかな気持ちに満たされています。

稲穂のイラストが福がありそうだったのであやかろうと思い購入しました。正直なところまだまだ出ていくことが多いですが、なんだか倍になって帰って来そう??と根拠もなく穏やかな気持ちに満たされています。ありがとうございます。
●三重県 Nさん(50代)


豆書・幸福

幸福(こうふく)

幸福になることは私たち生まれてきた者すべての使命です。幸福になるには、外に求めるよりも実はもう既に持っている幸福に気付くこととも言われています。またイラストに描かれているのはこぶしの花。こぶしは1月2月の極寒の冬を乗り越えてやっと咲く花。このように辛い時期を乗り越えたからこそ感じられるのも、また幸福の特徴なのかもしれません。

京都のおすすめ、幸福 恋愛成就と豊かな老後祈願 恋愛成就と豊かな老後を祈願したい方に最適

華やかなピンク地のイラストをベースに堂々と書かれた“幸福”。幸の字の横棒が末永く続く幸せを表すようしっかりと長く、福の字は旧字体の示す偏で古来より続く「福の本質」をイメージします。もちろんとらえ方や感じ方は人それぞれですが、棚ぼた的な幸福よりも本質を理解した幸福のほうが本当の幸せだろうと共感する人にはきっと趣のある字体に感じるでしょう。金運、恋愛、家族愛、夫婦愛、人間関係などその人があらかじめ幸福感を持っていないと幸福はやってきません。ご自身の内面にある幸福感に導かれてまた新たな幸福がやってくるのです。ぜひあなたの中のパワーを高めてより幸福を招き入れてください。


まめ書「幸福」を購入された参拝者のコメント

良いことが起こりそうな予感

良いことが起こりそうな予感

とにかくピンク色がかわいいです。買ってからまだ間が経ってないので効果はわかりませんが、良いことが起こりそうな予感がしています。
●滋賀県 Tさん(30代)


豆書なら自分だけで楽しむことができる

豆書なら自分だけで楽しむことができる

主人がお土産に買ってきてくれました。とても上品な柄でお財布のカード入れにちょうど収まるので入れて持ち歩いています。お守りやお札のデザインって人が見るとぎょっとするようなものもあり、最近はあまり身に着けなくなりましたが、豆書なら自分だけで楽しむことができるので重宝しています。
●岡山県 Yさん(40代)


三人とも今の彼氏とうまく行っています。

三人とも今の彼氏とうまく行っています。

大学の友人と三人でお山したときに偶然見つけ一枚づつ購入しました。とにかくかわいらしいデザインでピンク色にきゅんとします。三人とも今の彼氏とうまく行っています。
●京都府 Hさん(20代)


スマホの待ち受け画面に。

スマホの待ち受け画面に。

購入したまめ書を財布に入れ、さらに写メを撮ってスマホの待ち受けにしています。^^
わりと順調です。
●京都府 Yさん(30代)


急に楽しいことが起こっています。

急に楽しいことが起こっています。

偶然かもしれませんが“幸福”を買って二日後に30年来連絡のなかった友人から電話をもらいました。そこから話が盛り上がり、同窓会をすることに。退職後、人に会う機会が減っていたのに急ににぎやかになり、楽しいことが起こっています。ありがとうございます。
●和歌山県 Tさん(60代)


豆書・果報は寝て待て

果報は寝て待て(かほうはねてまて)

何ごとも一生懸命努力し最善を尽くすことは大切なことですが、全力を出し切ったあとはあれこれと悩んでみたり心配しても不安になるだけ、逆効果というもの。日ごろから努力し、周囲に明るい笑顔を振りまき、健全な生活を送っている人のもとには必ず良い知らせが舞い込みます。長い人生にはときにリラックスし、ひと休みすることも大切な時があります。

京都の観光みやげは果報は寝て待て 果報は寝て待て、あわてない ちょっと頑張りすぎな方に最適

眼力社のマスコットキャラクター的存在の「手水(ちょうず)のキツネさん」をモチーフにした珍しいゆるキャラ豆書です。上から3コマ漫画になっており、横になる→宝珠をはずす→あくびするとなっています。宝珠(ほうじゅ)は関西ローカルのニュースやNHK歴史番組でも取り上げられましたが、この宝珠をなでると良いことが起きるといわれています。手水のキツネさんは私たちが生まれる前より長い長い時間この場所に立っておられます。そして人々の願いを聞いてあげ、叶えてあげるという重要なお仕事を担っています。たまには宝珠をはずして休んでくださいね、そしてエネルギーを充電したらまたお仕事してくださいね。というメッセージが込められています。穏やかな濃紺ブルーの色がきれいです。


まめ書「果報は寝て待て」を購入された参拝者のコメント

柄がかわいい

柄がかわいい

柄がかわいいので買いました。
癒されます。
●大阪府 Yさん(30代)


ことわざが今の自分にしっくりきました。

ことわざが今の自分にしっくりきました。

ことわざが今の自分にしっくりくるので衝動的に購入しました。別行動していた友達が同じものを買っていたので二人で顔を見合わせました。
●和歌山県 Iさん(20代)


青いキツネの絵に惹かれ2枚買いました。

青いキツネの絵に惹かれ2枚買いました。

こんにちは。いつもお土産が新しくなるのを楽しみに月参りしています。青いキツネの絵に惹かれ2枚買いました。私ごとですが昨年から資格取得の勉学に励んでおり、正直疲れています。あくびをしているキツネを見ると試験は大事だけどまぁほどほどでいいか!と笑って思えるようになりました。癒しをもらっています。
●兵庫県 Iさん(40代)


肩の力を抜いても良いんだなと教えられました。

肩の力を抜いても良いんだなと教えられました。

笑いました。
いつもまじめなお土産やありがたい言葉を見ては(うわ、ズバッと言い当てられた!)と思っているだけに今回の果報は寝て待てはお調子者?っぽいきつねの絵に思わず笑みがこぼれました。肩の力を抜いても良いんだなと教えられました。
●姫路市 Oさん(50代)


豆書・笑門

笑門(わらうかどにはふくきたる)

いつも明るくにこにこ笑っている人には、自然に幸福が訪れると日本では昔から言い伝えられています。

にこやかな笑顔が最高 恋愛成就、出生、商売繁盛 恋愛成就、出生、商売繁盛をのぞむ方に最適

性別を問わずいつもスマイルでいることはとても大切なことです。しかし経済的なこと、思い通りにいかないこと、健康面での心配があるといつもニコニコしているのは難しいものです。もしあなたが心の底にわずかな不安を抱えていたとしても口角だけは上げるように心がけてみてください。あなたを見た人たちから「何かいいことあったの?」とか「あなたはいつも自信に満ちていていいわね。」とか「あなたと一緒にいると大船に乗った気持ちでいられて安心する。」などと思いもしなかったことを言われるようになります。笑門は文字自体が笑顔に見えることから発売以来とても人気の高い文字です。そして笑顔を忘れがちな私たち日本人にとっては毎日気にかけておきたい習慣といえます。


まめ書「笑門」を購入された参拝者のコメント

いつも笑っているようになりました。

いつも笑っているようになりました。

字がおもしろいので軽い気持ちで購入しました。服部さんもとても面白い気さくな人で、たくさんこの書の由来を聞くことができました。ご利益は字を見ただけで微笑みがこぼれるということでしょうか?いつも笑っているようになりました。
●東京都 Hさん(60代)


財布に入れて叶っています。

財布に入れて叶っています。

眼力さんがもともと好きで1年に一回から季節に一回とばらばらではありますがお参りしています。「笑う」の文字が気に入り財布に入れておく用に購入。商売繁盛、家内安全、無病息災どれも叶っています。何か恩返しをしないといけないなぁと思いつつ、まだ何も出来ていませんが、近いうちにと思っています。いつもありがとうございます。
●奈良県 Sさん(40代)


子供に笑顔が増えた。

子供に笑顔が増えた。

子供に友達が少ないのが気になり購入しました。たった一人ではありますが最近は家に友達を連れてくるようになりました。笑顔が増えたような気がしています。
●神奈川県 Eさん(30代)


従業員にも持たせたいと思い購入。

従業員にも持たせたいと思い購入。

商売をしているので、スマイルは基本なのですが正直笑ってばかりいられる状況ではない時期がありました。そんな折、知人からお山の眼力さんを紹介され足を運んでみることに。決して楽な道のりではありませんが、到着すると女将さんの服部さんがいい人でした。

あれこれ書を見せてもらいどれも気に入ったのですが笑うの文字が面白く、小さいサイズでいいので従業員にも持たせたいと思い購入しました。

おかげで苦しい時期を無事乗り越えられ、今年からは新たな事業にも取り組む予定です。助けていただき本当にありがとうございました。
●静岡県 Hさん(50代)


奇跡なのではないでしょうか?

奇跡なのではないでしょうか?

ほかの方も書いておられますが、笑顔が増えた気がします。意識してか無意識なのかはわかりませんが、笑っていれば福がくる、幸せになれると思うようになれたことが奇跡なのではないでしょうか?
●千葉県 Kさん(40代)


このpageをSNSでシェアする

眼力さんのまめ書 眼力さんのまめ書 眼力さんのまめ書 眼力さんのまめ書 眼力さんのまめ書 眼力さんのまめ書
眼力さんのみどころ情報