眼力さんの願力ノートを実践して実際に夢がかなった人の体験談

絶対に無理だと思っていたことがすんなり叶った!そんな嬉しい声が届いています。

眼力さんの願力ノートで夢が叶った人の体験談
車いすに乗る老人 お金を財布から出す 合格通知

円満離婚から再婚へ

兵庫県Y様(20代)のコメント
憂鬱な日々を過ごすYさんいつもため息をついてばかりのYさん
でした。●写真はイメージです

こんにちは。あの頃は夫との性格の不一致から、離婚したいと考えるようになって一年経ったくらいでした。夫が土日は家でごろごろしているので、家にいるのが嫌な私を友人が見かねて伏見稲荷さんに誘い出してくれました。

眼力さんという不思議な名前になんとなく導かれ、行ってみることに。3000円の鳥居を奉納し(主人と自然に離れられるように…離婚できますように)と丁寧にお祈りし、帰ろうとすると女将さんが親切に声をかけて来てくれました。

3000円の鳥居を奉納鳥居を奉納しました。

私と友人はなぜ今日ここに来たのかとか、日頃夫に抱えているうっぷんを女将さんに聞いてもらいました。女将さんは初対面の私の話をうんうんと熱心に聞いてくださりました。10分ほどした頃からでしょうか?ふと肩が軽くなった気がしました。私はなんだか嬉しくなり涙が流れてきました。

その後、話を聞いてもらうだけでは申し訳なく思い、お土産に自分用にノートと豆書を購入しました。女将さんが「きっといいことありますよ。別れるにしても別れないにしても、あなたの成長につながるような良いことがありますよ。だから希望を捨てないで頑張ってね。」そう言ってくださり私と友達は何度も何度も頭を下げて帰りました。

意見が食い違う二人喧嘩ではなくとも意見の不一致はつら
いものです。●写真はイメージです

ちなみに夫は悪い人ではなく、浮気をしたとかではありません。ただ私が外に行きたいと言えばうちにいたいと言い、和食を食べたいと言えば洋食か中華を食べに一人で行ってしまう。。そんなあまのじゃくな人なのです。一緒に旅行をしても共同で何かを楽しむことはなく二人でいても私は孤独感を感じていました。何度も話し合おうとしましたが、向き合ってくれることはなく家庭内別居状態が続いていました。

その晩私は願力ノートを開き、まず「一ヶ月以内に夫に恋人ができて私の元を去って行きました。」と書きました。そして二行目に「一ヶ月以内に私にも相性のぴったり合う恋人ができ、その人と幸せになれました。」と書きました。お互いに円満に今の生活から卒業できること。それが最善だと思ったのです。

ノートを書き始めたYさんその日すぐにノートを書き始めま
した。●写真はイメージです

自分でも(変なこと書いてるなぁ~)と思うと涙が出てきました。そのときの涙が悲しみなのか、今日山歩きをした疲れなのか、はたまた未来を想像しての喜びの涙なのかは全く判りません。でも頬を伝う涙の温かさに今日女将さんがかけてくださった暖かい言葉が重なり「きっと私はこの経験を通して成長しているんだ!」と思いました。

意見が食い違う二人女子会は癒しと現状を見直すいい
機会になったそうです。
●写真はイメージです

一週間くらい経ったときにいきなりフェイスブックを通じて高校時代の女友達から連絡がありました。電話をかけてみると卒業以来のなつかしい口調に思わずテンションが上がり会ってみることにしました。指定された場所に行くと数人の同級生がいて、その日は長年の時間を埋めるかのように語り明かしました。結婚して子供もいる友人、まだ結婚してなくて仕事を頑張っている友人、そして結婚半年で離婚し再婚した友人。それぞれ自分のスタイルで人生を謳歌しているようにみえて、私は何をしてるんだろうと情けなく思い、また泣けて来ました。

スマホで男友達を紹介する女の友達一度は丁重にお断りしたYさん。
●写真はイメージです

すると友人の一人がYちゃんに合うぴったりの男性がいてるんやけど今度逢ってみない?と言ってくれました。しかし私はまだ結婚中の身。今そんな人に会ってしまうと不倫になってしまいます。気持ちは嬉しいけど夫と正式に離婚してから紹介してねと保留にさせてもらいました。

日常に戻り、生きているのに死んだような生活を繰り返していると、ある日夫のカバンからメモを見つけました。女性の下の名前と日時と場所が書いてあります。これはもしかしたらデートの約束?普通の夫婦ならこの場合、奥さんは激怒するのでしょうが、私は(良かった!)と思いました。そしてその場所が夫の会社の近くだったこともあり、こっそりついて行ってみることにしました。

夫はマスクと帽子をかぶった私に気付くことはありませんでした。でも今まで見たことがないくらい幸せそうに笑い、女性をエスコートしてどこかに行ってしまいました。やっぱり恋人が(いた?)できたようです。

眼力社手水の狐さんひょうひょうと何事もなかったように水を流す眼力さんの手水

眼力さんが叶えてくれた!このとき私の脳裏にそんな言葉が浮かびましたが、私は肩の重荷がとれたこともあり、次の瞬間あの時の同級生に連絡を取っていました。

「もしもし、あの時紹介してくれるって言ってた男の人、まだ大丈夫かな?」

離婚届け最近は必ずしも悪いことではありま
せん。前向きな離婚もあるのでは?
とYさんは言います。
●写真はイメージです

その後半年ほど経って夫から「俺たちこの結婚からそろそろ卒業しないか?」と言われ、恋人がいることも正直に告白されました。私は「うん、やっと言ってくれたね。」と頷き全て夫の言うがままに従いました。財産や慰謝料でもめることもなく、お互いきれいさっぱり別れることができました。

夫の荷物が先に出ていき、私の荷物を翌日出すことになりました。 私の引っ越し先はあの時友達が紹介してくれた彼のマンションです。 夫とは正反対で私と食の好みも、遊びもぴったり合う彼。一つ年下ですが頼り甲斐があり、会った瞬間に探し物が見つかった気がしました。

夫は別の女性とデート前の結婚を卒業し、新しい生活を
手に入れるYさん。お幸せに。
●写真はイメージです

今年の秋、私はこの人と入籍します。 二回目になるので式は挙げず身内だけの小さな結婚式です。

彼のご両親も私の事情を知っていてくださり受け入れてくれる寛大な方々です。今はただ彼にも彼を紹介してくれた友達にも、眼力さんにも女将さんにもみんなに感謝しています。

行動力も決断力もない泣いてばかりの情けない私でしたが、一つの結婚を卒業したことで少しだけ成長できた気がしています。それは揉めず、怒らず、円満に物事を終えられたからです。うまく行かないときは誰にでも訪れると思いますが時期が来るのをじっと待つ。それができたのは眼力さんのお陰かと思っています。

眼力さんの願力ノート
遠方の方は、眼力さんのお土産は郵送していただくこともできます
眼力さんのみどころ情報