生きることなんて、どないもない。Vol.5

眼力さんの守役、服部さんが見た今、昔。暮らすこととは、生きることとは、そして生きることとは。~第五話~

眼力さん 生きることのコツ
京都伏見の清らかな場所 眼力さんの手水は石清水
●第五話●

観光と信仰

日頃、神社に行き慣れた人もそうでない人も年に一度、誰もがこぞってお詣りに出向くのが初詣。正月の参拝者数が例年関西で1、2位といわれる伏見稲荷大社の三が日は、それはそれは大勢の人で賑わっています。

そんな伏見稲荷のある年の元日のこと、境内にたくさん軒を連ねる出店を眺めながら長蛇の列に並んで本殿に向かっていると、一軒の屋台から罵声が聞こえてきました。

「お客さん、買わへんねやったら向こうへ行って!」

一瞬まわりの視線を集めたその声の主は、輪投げの店の女性店主でした。見たところ二十歳台くらいのその店主が相手にしているのは、高校生くらいの男性5人組。どうやらゲームもせずにひやかし半分に賞品をいじっていた男たちに堪忍袋の緒が切れたようです。
5人もの体の大きな男が小さな出店の前でしつこく居座られていたのですから、他のお客さんのじゃまになるので帰ってくれと女性店主が半ばケンカ腰で訴えるその言い分はもっともです。大きな声で男たちを怒鳴りつける彼女のその気迫に圧倒されたのでしょう、叱られた男たちはバツが悪そうにそそくさと立ち去って行ったので、幸いそれ以上大した騒動にはなりませんでした。

混雑した境内を抜け、ようやく眼力さんに着いてお詣りを済ませても何となくさっき見た光景が気になっていました。そしてそのことについて話す服部さんの話でまた違った感情がよぎります。

「下は“観光”上は“信仰”なんて言いましてな。この伏見稲荷は独特なんですよ。この眼力社のある稲荷山の上は月参りや相当の決心、願掛けをする信仰の人が多いんですが、下の本殿には年に一度だけの観光の方が多いですからね。
でもどちらの人も受け入れるのが私たちの役割なんですよ。この世の中は人生の学びの場所。付き合いやすい人ばかりなら 問題はないのですがいろんな人に出会い、ぶつかって磨かれていくのもまた人生なんですかね。」

眼力さんにお詣りで、生き方のきっかけを

さっきのやんちゃな男子高校生たちを“迷惑だなあ”と冷ややかな目で見てしまっていたことにハッとしました。日頃生活のなかで他人に迷惑をかける人たちにたくさん出会います。しかし逆に自分も気づかないところで人に迷惑をかけているかも知れません。他人に迷惑をかけてしまっている人と出会って謙虚に日頃の自分の行いを振り返ってみるのもまた人生の学びではないかと話される服部さんの言葉に、今まで分かっているつもりになっていた自分を見つけました。

観光客と信仰者。どちらにも甲乙は無く、誰もがこの地の魅力に誘われて訪れた人たちです。社会で生きていると価値観の違う人に出会います。しかし互いに長所を認め合い、そうでないところは反省し、いろんな人と向かい合って自分を切磋琢磨していかなければならないのが人生なのかもしれません。


[お問い合わせ]
〒612-0804 京都市伏見区稲荷山官有地19 眼力大社前 TEL(075)641-6051 (服部)
眼力さんのみどころ情報

商売や経営・投資に不思議なご利益