九州から来た女の子たち~知らないから間違えた、ある旅行者の失敗~

稲荷山にゴミ箱がない理由。

眼力さん 稲荷山との接し方
雨の中の大社 コンビニのゴミ箱
●第三話●

あなたが持っている常識ともう一つ違う、さらに上。

着物姿の女の子

最近私が見かけた旅行者に博多から来た女の子4人組がいました。「○○しと~と?」という方言にある茶店の女将さんが反応し「あれ?どこから来たの?」と声を掛けました。女将さんと女の子たちは一瞬にして仲良くなり、彼女たちも歓迎されたことに喜んでお店に入ってジュースを買ってしばし歓談に花が咲きました。

彼女たちが立ち去ろうとしたときです。一人の女の子が「あの、申し訳ございませんがこのペットボトルを捨てといてくれませんか?」と恐る恐る申し出ました。多分女の子にとっては自分の持ちうる最敬礼の言葉と態度でお願いしたのだと思いますが女将さんが一言、

「持ってきたゴミは持ち帰る!日本人の常識!」

スタバのカップ

とぴしゃりと断りました。

女の子は「分かりました。ごめんなさ~~い」と言ってバツが悪そうに足早に立ち去りました。私は女の子たち気の毒になぁ、気分を悪くせず観光を楽しんでくれればいいのだけどと思いました。

伏見稲荷大社、および稲荷山には全くと言って良いほどゴミ箱がありません。駐車場の一角に1カ所あるだけです。私は幸い通い始めた時にそのことに気付いたので山に登るときはコンビニの小袋を一つ持ってゴミ袋代わりにしています。

この女の子のようなことにならないように、どうぞ皆さんも自分で持ち込んだゴミは持ち帰るつもりでいてください。

KATO

眼力さんのみどころ情報

商売や経営・投資に不思議なご利益

眼力さん最新情報