稲荷山での実生活~古さと不便さをそのまま残した家々~

不便な場所で修行者のために仕える茶店の人々に思いやりを。

眼力さん 稲荷山との接し方
日本家屋の茶店 坂の上の茶店
●第五話●

最後に

ご年配の写真

この稲荷山での生活をご存じないかと思うのでひとつ。

年末になると各お茶屋さんに年始に向けての縁起物とろうそくなどの補填が行われます。道幅わずか1メートルほどの石段の参道は当然車が通れません。リヤカーも無理です。

そのため専門の運び手さんが配達に来てくれます。

この方も高齢のおじいちゃんなのですが、どんな姿で運ぶと思いますか?

2メートルほどの木の竿を肩にかけ、一斗缶を両端にぶら下げて鳥居に当たらないように斜めにして歩くのです。

古い家

往路復路、お茶屋さんと駐車場を行ったり来たり。

およそ現代とは思えない光景です。

また、ほとんどの茶店の雨戸は木製で昭和初期、戦前の家屋そのもの。湿気が多いので雨戸は歪み、それをがたがたと慣れた手つきで女将さんが開けて一日が始まります。

それはそれは古き良き日本の風景ですので、思わずシャッターを押したくなる人の気持ちも分かります。しかし、見た目の魅力とそこで働く人々の思いは別の物。

郷に入れば郷に従うの精神で、マナーを守ってご参拝ください。

KATO

眼力さんのみどころ情報

商売や経営・投資に不思議なご利益

眼力さん最新情報